読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rain Shower

IIDXの記録とアニメの話

MENU

ゆゆ式OVAの感想とか ~変わらない日常~ 

2013年4月のアニメ放送から約4年、ついにゆゆ式OVAが発売されましたね。

Twitter公式でのカウントダウンが始まってからは、私も楽しみを抑えきれなくて大変でした。

 

帰ってきたよ♪ 変わらない日常

 

Amazonダンボールから取り出した時に目に入ったこの1文でもう感動した。

変わらない日常、大切ですよね。

ゆゆ式を見返すたびに過ぎ去った何気ない高校生活の大切さを思い返します。

 

OVAのたくさん詰まったコンテンツに対して溢れんばかりの感想が湧き出たのでそれを書いていこうと思います。

もしかしたら軽くネタバレとかあるかもしれないのでまだOVA観てない方はこんな記事よりOVA観てくださいな。

 

 ブックレット

もしこの記事を読んでる方に「映像は観たけどブックレットはまだ読んでないや」って人がいたら今すぐ読んで下さい。いや本当に。

 

かおり監督、高橋ナツコさん、小倉Pのいつもの3人によるゆゆ式座談会。

この3人の座談会はやっぱりどこで読んでも安心できます、皆さん本当にファンに負けないレベルにゆゆ式が好きなんだなと。

制作過程のこだわりや、苦労した点など9Pに詰まった密度の濃い内容は読み応えがあります。

 

ブックレットでは、ゆゆ式の再評価に対しても触れられていました。

今回のOVAの制作に関しては2年前から構想があったみたいですが、最終的な後押しになったのはBDBOXがとても好評だったことみたいです。3つ買って良かった・・・

TV放映時のBDとBOXが同じくらい売れるのは珍しいみたいですね。

BDBOX以外にも様々な形での応援は公式に無事届きました。

 

このOVAはみなさんの勝利です!

 

小倉Pのこの一言に私がこれまで応援してきたすべての意味がありました。

ファンにとってこれほど嬉しい言葉はありません。

ゆゆ式ファンは勝利したんです。

 

それにしてもブックレット1P目で泣かせにくるのは反則ですよ・・・

 

OVA

ブックレットはこの辺りにしてアニメ本編について。

 

ざっくり感想を述べるならゆゆ式だったの一言に尽きます。

この一言はアバンが始まって数十秒で自然に出たんですよ。それくらいゆゆ式だった。

 

で、全体を観た感想。ブックレットで触れられている通りゆゆ式13話だなぁと。OVAというよりはアニメBDのオマケについてる番外編みたいな感じ。

作画こそ変わったもの2013年に放送されたゆゆ式がこのOVAでそのまま続いているんですよ。

一番それを感じられたのはキャラクターの携帯電話がスマートフォンではなくガラケーだったこと。時代背景はあくまで2013年のあの瞬間なんだなと強く感じましたね。

 

今回の話はドラマCDで使われた話も複数入っているんですけど、全て再録されていてこだわりを感じました。比べながら聞くと表情の変化とかも楽しめます。アニメのほうが全体的に感情が激しかったかな?

前回のドラマCDからそうですけど唯のツッコミの表情のバリエーションがかなり豊かになってるのが嬉しいですね。あの本当に驚いてる感が溢れてる声に映像が付いたのはとても嬉しい。

 

あとOPですね。きらめきっ!の日は最初にCDで聞いた時に「いい曲なんだけどゆゆ式感が足りないな」と感じたんです。せーのっ!を聞きすぎてるだけかもしれないけどやっぱり比較してしまった。

でもOVAで映像と合わさったきらめきっ!の日を聞いた瞬間、「あ、これめちゃくちゃゆゆ式だわ」ってなったんですね。何周もするうちにせーのっ!と同じくらい好きになってしまったし、やっぱりふわりPは偉大です。

 

もうかなり色々書いてるけど一番言いたいのがアレです。

ラストパートのTekiPakiのアレンジ。アレは一周目で鳥肌立ちました。

ゆずこたちが玄関先でシュポーンの話を振り返るタイミングで曲がガラっと変わって聞いたことのない曲が始まるんですね。

「あれ、こんな曲あったかな?」とサントラから思い出そうとするも出てこない。そうしてるうちに唯が一人になってゆずこに電話を掛ける、そしてお風呂に向かうこのタイミング。ここで一気にTekiPakiのメロディが流れ始める。

これは本当に感動しました。「あーファンのことわかってんなー」ってなった。

このTekiPakiで締めるというのも変わらない日常であり13話なのかなと思ったり。

 

 

 

他にも色々触れたい点が山ほどあるんですけど、終わりが見えないし一番言いたいこと書けたからこの辺にしておきます。

ドラマCDも聞きました。おはおうの話はかなり好きな話なので満足です。

これにもいつか映像が付いてほしいなーと。

 

この辺りでAmazonのリンクでも貼って記事を締めようかなと思ったんですけど、残念でありながら嬉しくもあってAmazonの在庫が完売なんですよね。

Twitterでの報告もBDBOX以上の反響になっていて売れているなーと感じます。

ゆゆ式が再評価され、ファンの勝利でOVAが発売され、そしてそのOVAが品薄になるほど売れているこの評価もスタッフにはきっと届いているでしょう。

 

この評価に対する答えは果たして何なのか。

5月のイベントが楽しみですね。

広告を非表示にする