Rain Shower

趣味の話を色々と

MENU

ゆゆ式情報処理部課外活動2017についてのあれこれ

5月7日にゆゆ式OVA発売記念イベントに行ってきました。

自分は3月に行われたゆゆ式文芸部(かおり監督、高橋ナツコさん、小倉P)の活動報告会に行けなかったので、ゆゆ式公式イベントの参加はBDBOX発売記念イベント以来の参加です。

イベントの最後にお母さん先生の「帰ったら今日のできごとを是非まとめてくださいね」という発言に従って地元に帰ったらすぐ記事にまとめようと思ったんですが、ようやく時間ができたので感想などを交えながらまとめておきます。

 

 

今回のイベントはBDBOX発売記念イベントの時と違い昼の部と夜の部がありました。

自分は夜の部のチケットだったので、昼の部が開催されている間は今か今かと会場横のカフェで震えていました(心が)

昼の部を終えた方たちが会場から出てきた時の顔はしっかりと記憶に残っています。

これはヤバイやつだと即座に思いましたね。

 

昼の部が終了し、夜の部が始まりそして終わる・・・あっという間でした。

これぞゆゆ式と呼ぶにふさわしいイベント内容だったと思います。

いやー良かった。

 

メインイベント(声優陣による各種コーナー)の前にゆゆ式文芸部(高橋ナツコさんは不在)によるOVA生コメンタリー、また貴重な秘話をたくさん聞けました。

すでにTwitterなどで纏めてくださっている方がちらほら見受けられたので詳細は書きませんが、個人的に気になったのを1つ。

EDの映像に映っている黒板は実写でそこにアニメーションを作画したものを合成しているという話。実際に観ている時にはちっとも実感がなかったので会場でとても驚きました。

こういった話を無限に聞けたと考えるとやっぱり3月の文芸部活動報告会には参加したかったですね。

 

生コメンタリーだけでもかなり満足したんですが、これはあくまでイベント外(小倉P談)なのでここからが本番。

声優陣によるメインイベントです。

声優陣が登壇して最初に話した内容は各人のOVAの好きなシーンだったかな?

ここで潘さんが耳かきのシーンを上げていて、それに対して茅野さんが「耳かきの綿毛は水につけても濡れないんだよー」と豆知識を披露されていて「今めちゃくちゃ情報処理部してるじゃん」みたいな流れになったのは見ていてとても良いものでした。

 

次はゆゆ式科学部」

空気砲と回転する風船を繋げた輪くぐりとペンライトの写真撮影。

中でも空気砲が本当に面白かった。空気砲ってだけで色々懐かしくて面白いのに専門家みたいな人でてきて何のイベントだよwってなりましたね。

自分は2F席だったんですけど、空気砲実験で津田さんが2Fに上がってきた時に津田さんの首元が見えたのあれヤバかったです。理性が飛んでいきそうになった。

 

その次にゆゆ式園芸演芸部」

豪華商品を賭けてセリフ大喜利とイラスト勝負とエチュードの3本勝負。

 

セリフ大喜利。参加者から事前に募集していたものを最初に発表したのは良かったです、とても参加感出ていました。

茅野さんの相ちゃん?それとも茅野愛衣ちゃん?の2択の回答は茅野さんよく思いついたなと。大久保さんの手ではなく自身で発表してくれたら会場がさらに盛り上がっていたと思います。

 

イラスト勝負。

とても長いペンだったり持ち手が球体になっているペンだったり読書メガネだったり。個性的なアイテムを使用してのイラスト勝負。中でも読書メガネは本当に辛そうでした。読書メガネ付けた清水さんがとても可愛かったです。

イラストは茅野さんが描いた小倉Pの絵が色々とヤバかった。本人はめちゃくちゃ気に入ったみたいでTwitterのアイコンが今は茅野さんが書いた絵に変わっているレベルです。

 

エチュード

全体を通じて相ちゃんの唯に対する思いがにじみ出る内容でニヤニヤが止まりませんでした。

落ち込んでいるゆずこのテーマの時に大久保さんが毎回ポーズ変えているのを見て流石だなーと思いましたね。ゆるゆり芸人魂をマジマジと見せつけられました。

 

夜の部の優勝商品はめんどうくさい魔物をかたどったケーキで、潘さんが(接待で)勝ち取りました。

昼の部は縁のホワイトボードの落書き(砂肝うま太郎ではない)が描かれているクッションだったみたいです。

茅野さんの一言によって小倉Pの中でグッズ化が前向きに検討されたみたいなので是非グッズ化してほしいです。

 

3本勝負を終えた後、かおり監督と小倉Pによる場繋ぎトークがあってゆゆ式朗読部」

いつも通りアドリブ多めな夜の部。津田さんがめちゃくちゃ頑張っていて本当に色々と感謝。

ワッフルヶ丘高校のネタは最近だとかなり好きなエピソードなので生で聞けてとても嬉しいです。

ゆずこの(縁ちゃん今日はお休みだけど今日のことは)「明日話そう?」っていうセリフに感動しました。このイベントに縁と種田さんは居ないけど、ゆゆ式という空間にしっかりと日向縁というキャラが存在しているんだなって強く感じさせられましたね。

脚本作った方に2京点あげたい。

 

気付いたら最後の挨拶、早すぎない?

ゆゆ式続編に対する熱い意欲を感じ、そしてその時には種田さんと声だけの参加だった堀江さんも含めた7人でイベントをしたいという声をキャストから聞くことができて嬉しかったです。

 

ちゃんとプログラム把握してなかったのでこの後にライブパート始まってめちゃくちゃ驚いた(周りはブレード用意してたので本当に焦った)

青空のつくりかたとせーのっ!の2曲。特にせーのっ!は熱かったです。

ラスサビ前の「せーのっ!」の掛け声で会場が1つになったのを感じられました。あれは自分以外の皆がそう感じたと思う。

 

そして追加の最後の挨拶で終了。

密度たっぷりのイベントでした。

 

 

軽く物販についても触れておきます。

今回の物販が整理券配布システムだったのは、ゆゆ式らしからぬ神対応でした。

配布開始時間は朝8時だったわりに8時時点で150人近くいたと思います。

グッズも新規アイテムが豊富で気合の入りようを強く感じました。

ただめんどくさい魔物付きアクリルプレートは全7種なのに5限だったのが残念ポイントですね。

当日の完売速度を見るにこれだけあまり生産が間に合わなかったように感じれました。

今回は事後通販がANIMEUNIVERSITYCOOPで開催されているので(22日まで)色々買えなかった人も救済があるのが救いでしょうか。

 

個人的に良かったグッズはグラスです。

f:id:fran02har:20170511225907j:plain

アニメのグラスにしてはサイズがそこまで小さくなく、形も筒型なので普段使いがしやすいです。

最初は保存用に1つだけ買おうと思っていたのに、実物の大きさを見てから2個目を買ってしまうレベル。

あとは結構大きく丈夫なトートバッグでしょうか。こちらはデザインは良いんですが如何せん普段使いは難しそうです。

 

 

今回のイベントはとてもゆゆ式感が出ていたと思います。

中でも科学部の内容は他のアニメイベントでは殆どしなさそうなものばかりで、とても新鮮でありながら尚且つゆゆ式らしさを感じることができました。

 

小倉Pが今回のイベントでも繰り返し発言されていた「皆さんの応援なしでは絶対成し遂げることができなかったOVAとイベント」という言葉。

特に新しい発表は無かった今回のイベントですが、キャパ1100の会場が昼夜共に埋まるほどのファンを集められている点では十分に将来はあると感じています。

ゆゆ式情報処理部課外活動2017ということは2018も2019も2020年も、ゆゆ式オリンピックがあるかもしれません」

ゆゆ式オリンピックまでとは言わなくても今回のようなイベントをまた開催してほしいです。

その時には是非キャスト7人が会場に揃ってほしいですね。