Rain Shower

趣味の話を色々と

MENU

ゆゆ式Advent Calendar 2017 5日目:唯の涙シーンまとめ

ゆゆ式 Advent Calendar 2017の5日目の記事です。

昨年に引き続き参加させて頂きました。

前回も5日を担当したので丁度1年経っているわけで本当に早いなーと。

今年はOVAが発売され、情報処理部課外活動2017もあったのでゆゆ式にとってとても濃い1年だったと思います。

色々書きたいことはあるのですが、長くなるのでこの辺りで本題に入っていきます。

 

唯の涙シーン

単行分を読み返していた時に、9巻15Pにある唯が泣いているコマがまぁ可愛かったので「じゃあ泣いてるシーンを集めていこうか」という感じでまとめてみました(9巻まで)

 

1巻

f:id:fran02har:20171204173921p:plain

P.38

目にまつ毛が入ったシーン。

ここは痛い涙と笑い涙の2パターンが同時に展開されている貴重なコマです。

何気に映像化されてないシーンなんですよね。この月は富士山の話もあるのでいつか動いてほしい。

 

f:id:fran02har:20171204174700p:plain

P.58

砂肝うま太郎。

初期に多い笑い涙です。

この直後のコマで縁が露骨に不機嫌になったりするのは、近年もう見かけなくなった展開ですね。

 

f:id:fran02har:20171204175047p:plain

P.90

デッサン人形のシーン。

これは呆れ涙(もしくは哀れ涙)でしょうか。

TVアニメ版だと表情でそのまま涙が描かれていますが、漫画では心の涙という感じでしょうか。

このデッサン人形をくれたモブ先輩かわいいよね。

 

2巻

f:id:fran02har:20171204175311p:plain

P.3

なんつってつっちゃった。正確にはその前のシーン。

これも笑い涙。

ここがどんなネタで笑っているのかは唯とゆずこと縁の3人だけの秘密。

 

f:id:fran02har:20171204175811p:plain

P.96

ポテトのシーン。

これも笑い涙です。ここまで笑っているのは数が少ない。

こういう何気ないワードがツボったりすることって結構日常生活でもありますね。

 

f:id:fran02har:20171204180108p:plain

P.106

小学生時代の回想。

これは羞恥心による涙ですね。

当時の唯は縁のことをお姫様のように思っていたので、一般人との生活空間を比較されるのが嫌になるほど恥ずかしかったみたいです。

小学生時代の縁はポニテなんですけど、ポニテ好きとしてはたまらないです。

 

3巻

f:id:fran02har:20171204180538p:plain

 P.1

とある日常の一コマ。

笑い涙です。なんつってつっちゃったのシーンを連想させますね。

何気にゆずこが笑い泣きするシーンは結構レアで5箇所もありません。

 

f:id:fran02har:20171204180908p:plain

P.12

親戚に可愛がられているのを指摘されて恥ずかしがった縁とそれに便乗したゆずこが唯をやさしく叩くシーン

こそばい中での涙です。

このシーンは泣いているのか怪しかったんですが、同時期の唯の眼の下部にハイライトが入ってるコマが見つけられなかったので、これはおそらく泣いていると思い採用しました。

 

f:id:fran02har:20171204181439p:plain

P.25

寝不足シーン。

あくびによる涙。この話は唯が泣いているコマが最も多いです。

Don't cry? ー泣いてねーよ。

 

4巻

f:id:fran02har:20171204181836p:plain

P.61

指を隠すマジックのシーン。

少し久しい笑い涙です。

このマジック、小さい子どもにはめちゃくちゃ受けがいいんですよね。

 

f:id:fran02har:20171204182053p:plain

P.69

海。

笑い涙です。

TVアニメでは最終話に使われた話ですね。

どこか遠出すると些細な事でも面白くなるのは分かる気がします。

 

f:id:fran02har:20171204182357p:plain

P.92

家での一コマ。

あくびによる涙。唯は小説を読むとのめり込んでしまうタイプですね。

この後のコマでも触れてますが、どれだけ眠くても通話に出てあげる唯のそういうところが好きです。

 

5巻

f:id:fran02har:20171204182717p:plain

P.77

ゆずこの妄想シーン。

痛さの涙です。

唯はゆずこに泣くほど殴られたら「やめろ」と言い、縁に殴られたら「おかしい」と思うみたいです。

ゆずこに突っ込まれると「人柄」の一言。やっぱり普段の行いが大切ですね。

 

9巻

f:id:fran02har:20171204183027p:plain

P.15

同じくゆずこの妄想シーン。

迷子による不安と恐怖による涙です。

同じ妄想から始まる話ですが、上の5巻と比べるとやはり構成が少し違います。

5巻の頃はその回想について話を進めるのに対し、9巻は2コマ後のアメリカンドッグというワードからその話にシフトします。

この辺りはゆゆ式という作品のスタンスというものが変わったのかなーと考えています。求められるものが変わった的な。もしかしたら三上小又先生が書きたいのはこっちなのかもしれません。

 

まとめと考察

抜き出してみると多いようで少ない印象。

色々気になる点がありますが、特に初期に多かった泣き笑いが4巻を最後にゼロになる点が気になりますね。

4巻まで見られた唯の泣き笑いシーンですが、同じ4巻内でも後半には一切みられません。というよりもこの時期の唯は笑うシーンが殆どなく少し違和感を感じます。

5巻になると唯の泣き笑いシーンがゼロになりますが、おそらくそれを置き換えたであろう表現が登場します。

f:id:fran02har:20171204185146p:plain

この吹き出しながら顔を背けるという表現が5巻以降非常に多く見られ、9巻の時点でも使用されています。

なぜ泣き笑いがこの表現に置き換えられたのかは分かりませんが、私の予想ではキャラの描き方が変わって涙が描きにくくなったのかなーと思っています。

ですが正直なところ涙が描きにくいくらい唯の目が小さくなったのは6巻以降なので、また違う理由なのかもしれません。

因みに6巻辺りから縁の泣き笑いも大幅に減り、8巻及び9巻では各1コマしか登場しません。こちらは一応現在も残っていますがやがては見れなくなるのかもしれませんね。

 

こんな感じでテーマに添って抜き出してみると新たな発見があったりします。

皆さんも気になるテーマで抜き出してみてはいかがでしょうか。

 

本筋と関係ない話

f:id:fran02har:20171204191144p:plain

アニメ3話ではアニオリの自販機に繋がるシーン。

この1コマ目(正確には2コマ目)のペットボトルにペンが入ってるのを今まであまり気にせず読み飛ばしていたんですけど、よくよく考えるとこれペットボトルが家で、ペンが唯、2つ並んだコップがゆずこと縁なんですよね。

ゆずこと縁が帰ってしまい、1人になって寂しい唯が電話する過程を見せる素晴らしい表現だと思いました。

ゆゆ式ファンならとっくに気付いている点かもしれないですが、少し感動してしまったので紹介させてもらいました。 

 

最後に

f:id:fran02har:20171204190453p:plain

 

ひなビタ Advent Calendar 2017:ひなビタの思い出

おそらく、ひなビタ Advent Calendar 2017、1日目の記事です。

adventar.org

 

早いもので先月ひなビタ(日向美ビタースイーツ♪)という物語が5周年に突入しました。

5周年って短いようで結構長い。

 

アーケードからWebコンテンツへ

恋とキングコング」がjubeatに収録されたとき、最初は「何のアニメの曲なんだ?」と思ったけど、調べてみたらコナミオリジナル曲で色々戸惑ったのを今でも思い返せる。

その後「イブの時代っ!」や「めうめうぺったんたん!!」なども発表され、特にめうめうはTwitterで「社畜と化しためうbot」などが現れたりと、非BEMANIユーザーも取り込んで知名度を上昇させたように思う。

 

その後日向美ビタースイーツ♪のライバルである「ここなつ」が登場し、物語はより深みを帯びていく。どちらかと言えばバント音楽よりもクラブミュージックのが好きだったので、ここなつの楽曲は当時SOUND VOLTEXに熱中していた自分にクリティカルヒットした。

 

ゲームセンターで音ゲーを触っているだけだと今書いたような出来事がただ過ぎていくだけだったが、この物語はFacebookでリアルタイムにストーリー配信している。自分がFacebookを読み始めたのはつい最近だが、ただ曲を聴くだけでは触れられない「音楽の力で地方創生」という彼女たちの思いがダイレクトに伝わってきた。もっと以前から読んでいればよりリアルタイムに色々楽しめたように思う。

 

 倉野川から倉吉

f:id:fran02har:20171201004421p:plain

この地方創生というテーマは、音楽ゲームの枠に留まらず現実世界にも波及した。

 

物語の舞台である「倉野川市」は現実世界の鳥取県倉吉市」をモデルにしている。

ひなビタファンが喫茶店シャノワールのモデルとなった場所を訪れ「ここがモデルですよね?」とマスターに訪ね、それがきっかけで作品を知り「ちくわパフェ」を再現したという。

この頃からひなビタファンの倉吉訪問が増えだし、倉吉市もひなビタファンに向けたイベントを行うようになる。

2016年4月1日は、日本で初めて「架空都市との姉妹都市提携」を行った。

 

自分は今まで6回倉吉を訪れたが、あの町では普段の生活では味わえない繋がりを感じられる。あまり良い言い方ではないが「地方特有の暖かさ」といったところだろうか。

名前も知らない店員との会話が楽しみで、訪れるたびに毎回顔を出してしまう、そんな町。

2016年10月、鳥取で大規模な地震が発生した。

親も親戚も住んでいない一地方の町、そんな場所が無限に心配になるのは初めての感情だった。今思えばこの時点で自分にとって倉吉市は「聖地」に留まらず「帰りたい場所」という位置になっていたのだろう。

1ヶ月後に倉吉を訪れた時、見慣れた景色が変化しているのを感じ取れた。この日、元々予定にあったひなビタライブベントは中止になったが、多くのファンが訪れており「あぁみんな同じ気持ちなんだな」と胸が熱くなった。

そんな中、こんな状況でもいつもと変わらない暖かさで「私たちは大丈夫です」とメッセージを出していた倉吉の住人を見て、自分は絶対に支えていくぞと心に決めた。

 

その後も自分は定期的に倉吉を訪問している。

いつ戻っても変わらない暖かさをくれる倉吉はやがで自分にとって「実家」となった。

親や親戚はいないけど、それに近い安心感を与えてくれる。それだけで帰省する意味があると思っている。

 

幻のライブ、そして実現へ

上記にあるようにひなビタのライブイベントは一度計画され、地震により施設が使えなくなり急遽中止。その後より小規模になったが倉吉の道路に特設ステージを作りミニライブを行いました。

先月発表された3月のライブは、初めて「ひなビタ」「ここなつ」のメンバーが1つの場所に揃ってライブを行います。成し遂げられなかった思いがついに実現すると思うと様々な感情が沸いて興奮しますね。

 

実は色々忙しくSWEET SMILE♡HEROESのCDの予約を忘れていて、今月配送予定の追加分をひたすらまっているという状況だったり。フォロワーには初期出荷分を7枚積んでいる人もいて敵わないなぁと常々思います。

 

まとめ

ざっと書いていくと自分の中で「ひなビタ」という物語は、二次元の枠に留まらず現実世界をも巻き込んで1つの作品になっていると感じています。TOMOSKE氏も似たようなことを言ってたような気がするけど忘れてしまった。

 

今はただ「CD早く届け」の感情を抱きながら3月のライブについて考えています。

アニメのイベントや野外クラブイベントなどは参加したことがあるわけですが、こういう音楽単体のイベントはアニメ抜きにしても初めてになるので、率直に言ってめちゃくちゃ楽しみです。もしかしたら感動で泣いちゃうかもしれないですね。

その前にチケット落選して泣いちゃうかも

 

ライブの開催が発表されたタイミングで「何かしたいな」と思い、行き当たりばったりでAdvent Calendarを作成しましたが、もっと色々準備するべきだったと少し後悔しています。

そんな中でも少人数ですが賛同してくれた人もいて、なおかつ自分の5周年に対する思いをこういう形でまとめられたりと結果的には良かったとも思います。

枠は空いてるので、もし今からでも参加したいという方はご自由にどうぞ。

 

それでは明日以降記事が続くかどうかは未定ですが、どうぞよろしくお願いします。

3月のライブは楽しみましょう!

2年半ぶりにソシャゲに課金した

f:id:fran02har:20171031002418j:plain

月末なので音ゲーの記事を書こうと思ったら今月全然ゲーセンに行ってないことに気付いた。

ソシャゲって恐ろしいね。

 

アズールレーン、話だけ聞くと艦これのパクリだけどいざ遊ぶとキャラが可愛くて戦闘も自分で操作するからまた違った面白さがある。

ガチャも良心的で課金しなくてもその気になれば1日3~4回は回せる良仕様。

それなのにキャラが可愛すぎて着せ替えスキンを買うために課金してしまった。

ソシャゲって恐ろしいね。

 

ソシャゲに課金するのは2015年に引退した黒ウィズぶりなんだけど、そもそもその後にポケモンGOとFEHをちょろっと触った程度で殆どソシャゲしてなかったから、ソシャゲ自体が2年半ぶりって気分でやってます。

 

アズレンが頑張ってるのかそれともソシャゲ業界が進化したのか分からないけど、ソシャゲのゲーム内容が昔に比べてかなり面白くなってると思う。

最近はソシャゲにあまり良い印象はなかったけど、これなら今後リリース予定の興味がある「きららファンダジア」と「アトリエオンライン」も期待していいかもしれない。

 

ちなみにゲーセンに行けてないもう1つの理由のSwitchでは最近スーパーマリオオデッセイを買いました。

Wiiのギャラクシーを超える良作なのでこっちもオススメです。

IIDXリハビリ日記 【2017.9】

f:id:fran02har:20170930144610j:plain

忍々七鍵伝完走しました。

すっかりペース落としていたのでイベント終了に間に合わないと思っていたんですが、ロケテ中止の影響かなかなかイベント終了告知がこないので無事完走できました。

 

ここ数作のIIDXは11ヶ月稼働が多いんですが、SINOBUZに当てはめると丁度今頃の時期に次回作に移行してる時期なんですよね。

七鍵伝のイベント終了どころかバズラ曲の常駐イベントすらきていないので本格的にズレ込みを感じています。

とある情報では12月とのことですが、仮にそうだとしてもtricoro並の長期稼働になりそうです。

今作はEXPERTモードでコンスタンスに新曲や追加譜面を出しているとはいえ、長期稼働はどうしても後半の失速が目立ってしまうため早めの次回作移行を期待したいところです。

 

前置きが長くなりましたがリハビリ成果を。

今月は自分でもかなり良い成果を出せたと思ってます。

 

進捗

☆11

f:id:fran02har:20170930150222j:plain

KHAMEN BREAK穴ハード

BEMANI遺跡で多分一番簡単なやつ。

ゲージ推移は不安定だけど久々にやるとそこまで苦戦しなかった。

f:id:fran02har:20170930150508j:plain

MIRACLE MEETS穴ハード

ハードはポロポロこぼすので☆11最弱レベルにはならないやつ。

安定性を取るためにBSSは捨てた()

f:id:fran02har:20170930150843j:plain

Cyber True Color穴ハード

kors kアルバム記念曲の1曲目。

中盤まで☆10レベルなのに後半からえぐい階段が降ってくる譜面。

なんとかハードできたとはいえ安定レベルではないです。

f:id:fran02har:20170930151149j:plain

Shoot'Em All穴ハード

CS移植曲。正規は左手が粉砕するので乱で。

乱でここまで簡単になる譜面が最近少ないのでやっぱり昔の譜面だなと感じたり。

f:id:fran02har:20170930151445j:plain

Egret and Willow穴ハード

最近イベント曲担当も増えてきてすっかりおなじみのDA曲。

多少皿が辛い部分があるけどやっぱりDA曲はやっていて楽しいです。

f:id:fran02har:20170930151656j:plain

rainbow flyer穴ハード

虹飛。全部小文字なのがdjTAKAらしさが出てる。

この曲はボルテにリミックスが収録されているんですが、ジャケットがIIDXのムービーを模したものになっているのが結構好きです。

f:id:fran02har:20170930152045j:plain

Lost wing at.0穴ハード

ビートストリームからの移植。

個人的に同じドラムンベースFar east nightbirdの流れを組んでいる曲のように感じてます。

譜面はいつもの猫叉譜面でした、やっぱり苦手です。

8月末で正式にビーストは稼働終了しましたが、ここで生まれた楽曲とムービーを他機種にどんどん移植してその存在を少しでも残していってほしいです。

f:id:fran02har:20170930152642j:plain

xenon穴ハード

髭の人ことMr.Tのエレクトロショック。

適度な乱打でどのオプションで遊んでも楽しい譜面。

中速乱打譜面は地力向上が実感しやすいです。

☆12

f:id:fran02har:20170930153046j:plain

Venom穴イージー

kors kアルバム記念曲の2曲目。

いつものL.E.D.ドラムン譜面。終盤の皿複合が難しいので鏡で。

この曲はフルが本当に格好良いのでもう少しAC用にカットする部分をこだわってほしかったなーとか。

f:id:fran02har:20170930154018j:plain

gigadelic穴イージー

灰をハードした日に特攻して死んでから放置していたんですが、結局ハードは無理そうなので適当にイージー付けたら一発でした。

ラスト以外がポロポロこぼしやすい譜面になっていて腐っても穴譜面だなーと思うやつです。

f:id:fran02har:20170930154337j:plain

Little Star穴イージー

今月一番嬉しいランプ、やっとだよ!

この曲は事あるごとに挑戦して敗北してきましたが、8月に復帰してからかなり認識できるようになってきて78%を5連続で出したりと苦しみましたがようやくイージー。

天土ちゃんの穴を白くするのはまだまだ先ですが「リハビリを続けた成果が出たなぁ」としみじみ思うランプです。

f:id:fran02har:20170930154754j:plain

The Least 100sec穴イージー

100秒。ノーツ数は1500ですが100秒だと詰まっていて結構きつい。

べちゃ押しを駆使してなんとか点いたとはいえ中盤はあんまり見えてません。

この辺りはさすが地力Dといったところ。最後ギアチェンするの忘れてたのによく残ったな・・。

この曲がCSから移植されたことで佐々木5大プログレは全部ACに揃いました。

初出がギタドラとはいえ全曲☆12なのは流石の貫禄ですね。コンチェは元☆11だけど

f:id:fran02har:20170930153631j:plain

TOGAKUSHI穴イージー

HCNさえ落とさなければゲージ維持しやすい譜面。

HCN地帯じゃない部分のが個人的には苦手です。

案外ノマゲまでいけそうだなーとか思ったりしてます。

個人差Cはこれで2曲目だったと思います。

 

新曲あれこれ

f:id:fran02har:20170930155419j:plain

恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!!

EXPERTコースで解禁。いわゆる理系ポップ

初出はポップンですが気付けばかなり他機種に移植されています。なぜか一番合いそうなリフレクに無いけど。

ムービーはビーストで制作されたのをそのまま使用してます。

今回のEXPERTの追加曲で、IIDXにビーストのムービーが使われている曲は8曲になりました(打×10、パピプ、朧、花火恋、Sky High、エボアボ、Lostwing、これ)

数えてみると思ってたより多かったですが、せっかくムービーを活かせる機種なのでこれからも定期的に移植してほしいですね。

 

まったく曲に触れてなかったけど当たり障りのない☆10らしい譜面で楽しいです。

ポップンだとアバターキャラにこの曲のキャラを使うくらいには好き。

f:id:fran02har:20170930161019j:plain

Mare Nectaris

久々にACに降ってきた頭がおかしい譜面。

BPM256の8分軸は数多くの皆伝の腕を粉砕しているとか。

画像はもちろん灰譜面ですが、これも☆10では規格外の譜面でおそらく次回作で☆11に飛ばされると思う。

「クリアレート35%とはいえ所詮新曲補正でしょ」的な考えで5連続ハード落ちした()

これといい黒イカといい黒鎌といい今作はかなりインフレしていますが、黒麺だけはまだ引っ張ってこないでほしいと切に願ってます。

 

まとめ

リザルトが多すぎてここまで書くのめちゃくちゃ疲れた。

☆11だけでなく☆12もかなりランプが増えて久々にご満悦な結果。

特にLittleStarはかなり嬉しいのでモチベもめちゃくちゃ上がりました。

ランプは点かなかったけどFも74%とだいぶ見えるようになってきたので、リベレと合わせて来月辺りの目標にしたいところ。FAXXは知らん。

地力Eもほぼ埋まってきたので本格的に地力Dの挑戦を頑張っていきます。

 

雑記

f:id:fran02har:20170930162234j:plain

削除(予定)曲供養その2。

「高高度降下低高度開傘」トレンディーになる前のDr.Hondaの1曲。

いわゆるメタルギアをイメージして出来た曲で、この曲ほどDJ TROOPERSのイメージに合った曲は無いと思っています。

作曲のDr.Honda氏は少し前にコナミを退社してCygamesに移りました。その影響かどうかは分かりませんがこの曲の削除は結構残念です。

 

クレーンで紗矢のフィギュアを取ってきました。

いわゆる新生IIDXフィギュアでは4体目になるんですが、以前展開されていたIIDXのフィギュアと合わせると、Roots26の女性キャラフィギュアは今回の紗矢で全員揃うみたいです。

今から昔のフィギュアを集めるのはかなり大変なので、今後も新生フィギュアシリーズを続けてほしいですね。とりあえずはSINOBUZ装束の茶倉フィギュアください。戌でもいいぞ!

「異世界スマホ」を最新話まで見た話

この記事はアニメのネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください。

 

異世界はスマートフォンとともに。という作品を知っていますか?

ここ2ヶ月インターネットに繋いでいなかったという人でなければ恐らく名前くらいは耳にしていると思います。

 

いわゆる「なろう系」のライトノベル作品で7月からはアニメも放送されています。

このアニメは1話の放送後から「中身がない」だの「異世界RTAだの散々なネタ評価を受けていて、それに興味を持って見た人がまた同じような虚無感に包まれるという某フレンズのアニメの初期に見られたのと同じ状況が見受けられます。

ただ某フレンズと違ってあちらは後半から肯定的評価が増え始めたのに対し、異世界スマホは話数を重ねるごとに視聴者の感情がなくなり、最新の11話ではこれまでを遥かに超える乾いた評価が蔓延しています。

 

私は基本的に1クールにアニメを5本以下しか見ないので評価が散々な作品には普段手を出さずこの作品も勿論避けていたのですが、近年のラノベにおける異世界ブームにある程度興味がある(実際シリアス路線の灰と幻想のグリムガルとコメディ路線のこのすばは両方楽しめた)のと、ここまで批判とも言い表せない散々な評価が集まるアニメは一体どれほどのものなのかという純粋な興味が合わさり、ちょうど都合よく時間が確保できたので1話から通して見ることにしました。

 

よくわかる異世界スマホのあらすじ

ひょんな出来事がきっかけで死んだ主人公が異世界に転生するところから物語が始まるまぁありきたりな展開ですが主人公は神様にお願いし、たった1つ「スマートフォン」を異世界に持ち込みます。普通のラノベ作品ならこのスマートフォンを活用して異世界を攻略するんだろうなーと思うところですがそんなことはありません。
神様の力で身体能力が劇的に向上し、全ての属性の魔法が使える(というより見たらほぼ全ての魔法が使える)というチートっぷりを発揮します。

ナルトを知っている方は異世界転生直後にアカデミー候補生が火影に変化したと考えてもらえると分かりやすいです。

このチート能力で問題を解決しヒロインを増やしていくというのが本作のストーリーです。これ嘘じゃないので

 

テンポの早さ(良いとはいってない)

このアニメは話のテンポがかなり早いです。

とある王族の殺人未遂からの使用人が冤罪にさらされ、そこから真犯人発見という普通のアニメなら2話に渡ってもおかしくないような内容を10分で終わらせてします。

一番テンポの早さが光るのは間違いなく2話でしょう。問題発生→解決を1話で3パターンも消化します。そのうちの1つは「既に失われた魔法でしかほぼ直せない病気」をその場で魔法を覚えて治すというこれまたチートっぷりですが、このパートは人物が病気であるという説明を含めてたったの1分半で終わります。

ここまで早いとRPGで薬草を買うクエスト程度の感覚に陥ってしまいますが、実際はそんなことはなく、どれも国家レベルの問題だったりするのでアレ。

 

そして何より駄目なのはテンポが早すぎて感情移入ができない点。せっかくシリアス展開に入るかと思ったら秒で解決してしまう。最初は「やべぇw」と感じても話数を重ねるごとに「どうせまたチート使うんだろ」と冷めた目線になってしまいます。

主人公は困っている人を見ると助けたくなるお人好しキャラですが、とあるの上条さんみたいに行動に熱い感情が乗ったりすることはなく、ただ問題を消化していくだけ。主人公の感情がそもそも変化しないので視聴者側もバトルシーンで熱くなったりすることが全くできません。

 

都合の良いヒロインたち

即落ち2コマかというくらいすぐ堕ちます。

各キャラにきっかけはあるとはいえ「その程度で堕ちるのはおかしいだろ」って展開が毎回のように起こります。

いわゆるハーレムものとしてはここはむしろ評価ポイントかもしれません。

11話を除いて・・・。

 

11話はなんかもう色々アレです。作者の欲望をそのまま再現したみたいな。

端的に書くと10話のラストで登場した新キャラがビッチでエロい誘惑をAパートで永遠に行う→その合間に既存ヒロインたちが主人公の妄想で赤面→Bパートで新キャラが主人公にベロチュー→それに嫉妬したヒロインが直後にキスしながらED

 

1人で見てると「んーーー・・・」って感じで済みますが、これを複数人で見てた場合お互いの顔を確認し合うこと間違いないです。

何でしょうか、ラブコメだと高得点をあげれる内容なんですけどこれ異世界転生アニメなんですよね。10話までも物語の内容は100点満点で10点くらいだったんですけど、この11話は本当に進展がなく2点くらいしか付けれないです。

しかもこれ11話なんですよね、次回最終回なのにキスしながらEDって・・・。

異世界スマホはED後の次回予告がないので「こんな終わり方で来週どうやって締めるの・・・」って感情しか出てこない。

11話は是非実際に見てもらいたい。できたら10話まで全話見てから見るとより虚無感を感じられると思います。

 

個人的に良いと思えた点

散々批判的な意見を書いてきましたがここは良いなと思えた部分もそこそこあります。

・キャラクターが可愛い

作者の欲望の賜物なのかキャラはどれも可愛い。

王女がオッドアイだったりするし間違いなく完全に狙ってる。

各種性格が揃ってるので話抜きにしても見続ければおそらく誰かしら好きなキャラは出てくると感じる。

・OP,ED

OPはA応P。自分は松のOPしか聞いたことがなかったので、こういった曲もいけるんだなと少し関心しました。EDはよくあるヒロイン歌唱もの。すっきりと纏まっていて各話ごとにメインボーカルが違うので浄化タイムとして楽しめます。

曲とは無関係ですが、ヒロインのうちの1人「リンゼ・シルエスカ」の声を担当している福緒唯さんはA応Pの人みたいです。まだそこまで出演経験がないみたいですが、かなり良い演技だと思います。

 

まとめ

突っ込みどころは絶えないが、視聴をギブアップすることもなく騒がれているほどクソアニメではなかった。10話までは

11話も実際にやってることは10話以前と変わらないが、ほんの少しのストーリーすら抜きとってしまうとここまで淡白になるのかと思い知らされる結果になった。

10話まで順番に見てきた自分にとっては「今までに増して中身が無いな」的な感情で収まるが、「話題になってるからとりあえず11話見るか」という気分で見ると間違いなくAパートで切ると思われる。

自分は11話まで見てしまったのでせっかくだしこのまま最終話まで付き合おうと思った。

(※9月30日追記)

12話も観ました。いつの間にか今期で一番最終話を楽しみにしていた作品になってた。

ToLOVEるのようなハーレム展開を提案され主人公がそれを先延ばしにするというまぁヘタレな結末ですが、このアニメなら許される展開だなと個人的には納得してしまいます。

終わってみればテンポ良く進むし、キャラは可愛いしで騒がれているほど不満を感じる事なく観れた。点数を付けるなら5段階で3は与えてもいいと思う。

 

人によっては退屈に感じることはなくてもアニメを見ていることを忘れてしまう、そんな貴重な体験ができるかもしれない。

Twitterで流れていた「白紙の絵を見ている」との揶揄は言い得て妙だと思う。

 

今後、なろう系異世界アニメは増えていくようなので、制作スタッフたちは先人たちの知恵として是非この異世界スマホを周回し、物語に興味を持たせるシナリオ作りに貢献してほしいと思います。

IIDXリハビリ日記 【2017.5-8】

4月の記事で「来月から2ヶ月に1回かなー」とか書いてたけど、気がついたら前の更新から4ヶ月経ってるよ!どうなってるの!

 

3月にNintendoSwitchが発売されてからゲーセンに行く機会がめっきり減りました。発売からそろそろ半年ですがやはり神ハードだと思いますね。

一時期Vitaのアトリエにドハマりしていた頃もゲーセンに行かなくなったんですが、その時と今回で共通して感じたことは「CSゲームはお金がかからなくて良いなぁ」ということです。

音ゲー50クレ程度の値段で下手すると一年単位で遊べるゲームが買えてしまうというのだからCSは恐ろしい。もちろんハード購入のための初期投資は必要ですがそれを含めても十分すぎるほどお得だと思います。

私自身、音ゲーはソシャゲより遥かにお金がかからないと思っていますが、それでも音ゲーはCSゲーと比較すればやっぱりお金がかかるなぁと思ったり。

もちろんそれが気にならない程度に楽しいから続けているんですけどね。

 

そんなわけで夏頃からまた適度にゲーセンに足を運ぶようになったので、とりあえず更新しとこうと記事を書いています。

同じく夏頃に携帯の機種変をしたんですが、そのタイミングで前の端末の写真データを紛失したので最近のリザルトしか残ってなくて少ないけど気にしてはいけない。

 

進捗

f:id:fran02har:20170830173921j:plain

Be A star穴ハード

SINOBUZ新曲その1。サビの後半にゴチャっとしたのが降ってくるけどそれ以外はそこまで難しくない譜面な気がする。

PHQUASEの曲はIIDXユーザーからの評判がいまひとつですが、個人的にはこの曲のような歌ものは普通に好きです。(cinderはまぁ…うん…)

f:id:fran02har:20170830174009j:plain

AsiaN distractive穴ハード

SINOBUZ新曲その2。中盤に猫又譜面がきてなかなか押しにくい。

劇団レコードの曲もっとIIDXに出してくれてもいいんですよ?

f:id:fran02har:20170830174139j:plain

パ→ピ→プ→Yeah!穴ハード

なんかいきなりBP減ったので焦る。打×8もハードしたいなぁ。

好きな曲なので嬉しいぜYeahhhhhhhhhhhhhhh!\(゜∀゜)/

この曲もそうですが故ビーストで制作されたムービーは大事にしてほしいですね。

 

新曲

f:id:fran02har:20170830175531j:plain

Beat Juggling Mix

DJ BATTLEですよ。五鍵以来ですよ。ムービーも愛があってめちゃくちゃ好き。

前作のSTARLIGHT DANCEHALLやtricoroのIllegal Function Callもそうですが、スタッフのBEMANIに対する愛が見られるムービーは良いですね。

関係ないけどここの文章書いてる時に2chの面白いスレ見つけたので貼っときますね。

セックス中に流したい音ゲー曲 [無断転載禁止]©2ch.net

 

新曲とか書いてるけどこれよく考えたら4月の更新曲だしなんか色々とすみません。

L.E.D.のバズラのやつハード特攻したら閉店してロクなリザルト残らなかったらこいつになりました。

  

後記

これで終わり?って感じですね。5月がプレーのピークだったからリザルト残ってないんです!

☆12はリザルト関係なしに進捗ありません、念のため。LittleStarが逆ボダったくらい。

暫く空いたのでまた地力が吹き飛びましたが数ヶ月程度なのであまり大きなダメージにはなっていないと思ってます。

来月更新できるくらいリザルト貯まるかは微妙ですが引き続きチマチマ頑張っていきたいと思います。

 

雑記

f:id:fran02har:20170830181030j:plain

削除(予定)曲供養です。

「フェイクアウト」毎作1曲程度収録されるロック枠のPENDUALのヤツ。

Last Note.のIIDX提供はこれっきりなのでBEMANI×GUMIのコラボでお世話になった礼に1曲依頼したって背景でしょうか。(そもそも書き下ろしはこれとミュゼカにもう1曲だけだけど)

ロック系の譜面は☆11より上になるとゴチャゴチャして押しにくくなるんですが、これは☆10でそこそこ楽しい譜面なだけに削除はわりと残念です。

まぁcopulaで収録されたNANAIROがこれ以上に良曲良譜面だっただけに選曲を取り合ってる印象も受けます。

この曲に関しては不人気で削除とは思わないのでボーカルの版権料などが原因かなぁと思ってます。

 

毎作削除曲は20弱出ますが次回作は好きな曲がかなり削除される見込みなのでいつも異常に残念です。他の機種と違って公式発表もしないのでIIDXは色々負担が大きいですね。

次作IIDX25 CANNON BALLERSのロケテでは殺害予告が発生し、挙句の果てにロケテが中止になったりと稼働前から非合法レース感が溢れていて面白いですが、稼働延期などにはならないように祈ってます。

www.konami.com

 

f:id:fran02har:20170830183756j:plain

今月また倉吉に行ってきました。いつの間にか6回も訪れていて軽く実家のような気分です。

倉吉に行くたびに「最近音ゲーしてなかったなぁ」と感じてしまうので、次に訪れる時までは継続していられるようにモチベ維持頑張りたい。

 

Nintendo Switchというハード

マンメンミ!

皆さんスプラトゥーン2してますか?

私のフォロワーの状況では普段家庭用ゲームをあまりしない層もスプラトゥーン2に興味を示していて、実際に買っている人が多くいる印象を受けます。

スプラトゥーン2は発売週に約64万本の売上を記録しました(パッケージ、ダウンロードカード版合算)。現時点でSwitchの国内販売数は約120万台程度なので、単純計算でSwitch購入者の2人に1人はスプラトゥーン2を購入している計算になります。(*1)

前作の初代スプラトゥーンWiiU)の初週販売本数は15.7万本だったので、わずか1作2年でここまでのブランド力を付けたソフトは、近年の国内ではなかなか無いのではないと思います。

 

そんなキラーソフトのスプラトゥーン2が発売してますます勢いに乗っているSwitch。

Amazonギフトを用いた詐欺やその被害者に無償でSwitchをプレゼントするなど色々な点で話題が尽きません。

ところでこのSwitchがいつ発売したか覚えていますか?

 

NintendoSwitchは今年の3月3日、ひな祭りの日に発売されました。

発売日、ゲームカードに最も苦い成分としてギネス登録されている「デナトニウムベンゾエイト」が塗られているという情報がTwitterでバズったのを私は覚えています。

まぁ私のツイートが関連ツイートで恐らく一番RTされたのもありますが。

それはさておき・・・

 

発売から約5ヶ月、なぜSwitchがここまで品薄になっているのでしょうか?

任天堂社長の君島氏は「(当日分は予約で埋まってしまったので)発売1週間程度でお客様に提供できると思う」と話し(*2)、ゲームショップGEOのバイヤーは「品薄はGW頃まで続くだろう」という予想を立てていました。(*3)

結果的にそれらを遥かに上回る品薄となっているわけですが、これには大きな理由があります。

 

WiiU時代の負の遺産

据え置き、携帯の両パターンで遊べるのがウリのSwitchですが、任天堂のスタンスとしてはあくまで据置機の新型ゲーム機のようです。

Switchの一世代前の据置機であるWiiUは、本体を売るごとに赤字が発生してしまういわゆる逆ざや状態での発売となりました。(*4)

このようになった背景として、スマートフォンタブレット機の普及、発展によってゲーム事業が厳しい状況に陥っていたのがあります。WiiUの特徴的なコントローラーであるタブレットコントローラーにもその影響がうかがえます。

とりあえずゲーム機を普及させソフトで売上を回収する、この考えでWiiUは発売されましたが現実は上手く進みませんでした。2017年3月末のWiiUの世界販売台数は1356万台と、前世代のWiiの1億163万台から約10分の1まで落ち込んでしまっています。この影響で任天堂はやむなく工場の生産規模を縮小させます。

そんなわけでWiiUよりも細くなった生産ラインですが、この生産ラインではSwitchと同時期にニンテンドークラシックファミコンミニの生産も行っていました。

これによりSwitchの初期生産分及び追加生産分が思うように準備できず、なかなか市場に出荷できない状況が生まれます。

任天堂はこの状況に危機感を抱きファミコンミニの生産ラインを停止させ、全てSwitchに置き換える形になりました。

しかしこの程度では品薄は解消せず現在に至るまで品薄が続いているというわけです。

 

ゼルダの伝説Botwの評価

もう1つの理由にSwitchのロンチタイトルであるゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの近年まれにみる高評価があります。

元々ゼルダの伝説は海外での人気が根強いタイトルでしたが、この作品はメタスコアで98点を獲得するなど発売前から非常に大きな期待をされていたゲームでした。

メタスコアとは様々なレビューサイトの点数を集計し数値化したもの

 多くのファンの期待を背負って発売したゼルダ最新作、北米ではSwitch発売数をソフトの発売数が上回るという珍事が発生するほどの評価を得ました。

一方日本では前作スカイウォードソードの売上が約36万本と任天堂ソフトでは中堅タイトル程度の評価になっていた中、初週に約18万本発売し初週約33万台のSwitchの半数以上に購入されるタイトルとなりました。(*5)

ゼルダシリーズ初のオープンワールドを搭載し、それを任天堂流に発展させた(任天堂いわくオープンエアー)ゲーム性はTwitterなどを中心に高く評価され、「Switchを購入したらとりあえずゼルダを買っておけ」と言われるレベルになりました。現時点では累計54万本を売り上げ、同日発売であるWiiU版も合わせると60万本を超える売り上げとなり、世界中で評価されたゼルダの伝説Botwによってゼルダシリーズは日本でも大きな復活を遂げたのです。

ウィッチャー3など大手オープンワールドRPG製作者もべた褒めするほどのゼルダ最新作を遊びたい人が「どうせ買うなら出たばかりの新しいハードを買おう」という考えでSwitchとゼルダを購入し、これが3月~4月頃の品薄に大きな影響を与えました。

 

以上品薄について2つの理由を上げましたが、現在進行系で起こっている品薄についてはこれらに加えて「スプラトゥーン勢による争奪戦」と「人気による転売需要の増加」があります。

今後も品薄が解消される見込みが立たないSwitchですが、任天堂が公式に7月~8月にかけて継続して出荷量を増やしていくとのコメントを出しています。(*6)

実際に先週末はヨドバシカメラやゲオなど多くの店で今までよりも多くの入荷があったという報告がTwitterで確認できます。

実際に現在私が働いているお店も先週はかなり多く入荷しました。

Switchが欲しいけど手に入らない!という人は今週末の入荷に備えて各店舗に電話などで情報を集めればきっと手に入れられると思います。

 

今までの任天堂と違うハード

さて、Switchの品薄について長々と書きましたがもう1つ、NintendoSwitchが今ままでの任天堂ハードに見られない売れ方をしている点についても書きたいと思います。

7月20日、スプラトゥーン2発売日の前日。ひょっこりSwitchで発売されたとあるソフトがあります。

Fate/EXTELLAです。

このソフトは昨年11月にPS4/PSVitaで発売され、合算で初週約16万本売り上げました。

限定版なども発売され多くのFateファンが購入したと思われます。

今年の4月、突然Switchに移植されることが発表され、上記の通り7月20日に発売されました。

 

N64以降の任天堂ハードはPSと比較すると「子供向け」「大衆向け」といった認識を持たれるようになり、ソフトもそのようなソフト以外はあまり売れない市場が構築されていました。Wiiで発売された「ゼノブレイド」など大衆向けではない作品で大きく売り上げた作品もありますが、これらは任天堂から発売されたソフトです。

前世代のWiiUの時代でもその流れは健在で、PS市場では大きな売上を誇る龍が如くシリーズがWiiUに移植されましたが、その初週売上は1900本以下という結果に終わっています。

他にもWiiUではロンチタイトルが11本発売されましたが、そのうち半分以上は週販集計不可となっています。この中には鉄拳、アサシンクリードFIFAといった有名シリーズも含まれています。

 

話を戻しましょう。

PS4/PSvita版が発売されてからわずか半年ちょっと、「サードの非大衆向けゲーム」は売れない市場、Fateという任天堂ハードで今までリリースされたことのない作品。そして何よりスプラトゥーン2の前日であるというこの条件で、Fate/EXTELLAは初週販売数が1万本を超えるという驚異的な結果を叩き出しました。(*1)

現在FGOFate/ApocryphaFateが注目されているとはいえこの数値は、これまでの任天堂ハードでは考えられなかったものです。

 

この1万本という売上は移植元が儲かったという単純な話では終わりません。

PS4のような高性能据置機でとても開発できない中小メーカーがPSVitaで販売するソフトは、だいたい1万~2万本で売上が取れると言われています。

特に今年Vitaで販売されているのソフトの半数近くを占めるADVゲーム(ギャルゲー・乙女ゲー)はこれに当てはまります。

年々市場が縮小傾向にあるVitaですが性能面でも限界がきており、日本一ソフトウェア魔界戦記ディスガイア5はVitaを切ってPS4単独で発売するなどを行っています。

ならVitaの後継機を発売すればそれで問題解決では?と考えると思います。

ですが恐らく現状Vitaの後継機が発売されることはないでしょう。

 

ソニーのゲーム部門であるソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)は様々な事情があって現在アメリカに本社を構えています。

アメリカではVitaが日本ほど売れず、SIEの株主の多くは「Vitaの後継機は必要ない」というスタンスを取っています。

本社がアメリカで株主も難色を示しているこの状況で日本のためにわざわざVita後継機を開発する可能性は低いと言えます。

 

このVitaの後継機問題に手を差し伸べたのが紛れもないSwitchなのです。

SwitchはVitaを超える性能を持ち、携帯性があるといった利点があります。

この2つの要点がVitaの後継機としての必要条件を満たしているといえるのです。

実際にSwitchには今までの任天堂ハードでは考えられなかったゲームの発売が既に決まっているので、代表的な2つを挙げます。

まず1つ目が「ANONYMOUS;CODE

シュタインズ・ゲートロボティクス・ノーツで有名な志倉千代丸氏によるADVゲームの最新作です。

そして2つ目が「よるのないくに2~新月の花嫁~」

アトリエシリーズアルトネリコシリーズで有名なガストによる新シリーズの2作目です。

キャッチコピーが「美少女と美少女が惹かれ合うRPGとなっている通り百合ゲーです。

この2つだけでも今までの任天堂ハードのソフトラインナップとは一味違うと感じて頂けると思います。

これらのソフトはVita版も存在しますが今後もシリーズが続いていく場合、おそらく開発の事情からVitaは外されるでしょう。

そこにSwitchが入るかどうかは今後の売上次第ですが、Fate/EXTELLAの売上から考えても十分に期待できると私は考えています。

 

 

任天堂が満を持して発売した新型ゲーム機は、国内外を問わず非常に多くのユーザーの注目を集める商品となっています。

そしてこのゲーム機は特徴的なギミックだけでなく、ソフトウェアの面でもこれまでと違った体験を提供してくれるゲーム機だと私は考えています。

ソシャゲの台頭で「家庭用ゲームは終わった」と言われ続けた環境を一瞬で吹き飛ばし、1台で据置機と携帯機を体験できるゲーム機NintendoSwitch。

あなたも体験してみませんか?

 

 

出典

*1 「スプラトゥーン2」初週販売数は64万8000本。「レイトン ミステリージャーニー」7万本の「ゲームソフト週間販売ランキング+」 - 4Gamer.net

*2任天堂社長「性能や機能譲らず価格重視」 スイッチ発売:朝日新聞デジタル

*3【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は? | インサイド

*4任天堂の「Wii U」は1台売るごとに赤字の逆ざや状態、ニンテンドー3DSに続く背水の陣に | BUZZAP!(バザップ!)

*5「Nintendo Switch」発売3日間の販売数は約33万台。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は合計23万本の「週間販売ランキング+」 - 4Gamer.net

*6「Nintendo Switch本体」品薄のお詫びとお知らせ|サポート情報|Nintendo